ベタつく髪をさらさらでふんわりさせるヘアケア

ベタつく髪をさらさらでふんわりさせるヘアケア

ベタつく髪をさらさらにするヘアケア

 

ベタつく髪をさらさらでふんわりさせるには次の3ステップのケアが必要です。

 

  • 頭皮に溜まった皮脂を洗い流す
  • ある程度洗浄力のあるシャンプーを使う
  • 軽めのトリートメントを使う

 

 

順番に詳しく見ていきましょう。

 

頭皮に溜まった皮脂を洗い流す

皮脂の分泌が多い場合や2日に1回しかシャンプーをしていない場合は、毛穴に皮脂が溜まっていてそれがベタつきの原因になっています。
皮脂は酸化してしまうと普通のシャンプーだけではなかなか取り除けなくなり、残り続けてしまうことがあります。
3日に1回くらいは頭皮クレンジングを行うのが良いでしょう。

 

ある程度洗浄力のあるシャンプーを使う

最近は頭皮に優しいシャンプーが増えてきていますが、中には洗浄力が非常に弱いものもあり、分泌が多いと皮脂が残ってしまう場合があります。
普段使いのシャンプーも適度な洗浄力があるものを選びましょう。
逆に洗浄力が強すぎる市販のシャンプーは、体が皮脂を補おうとして過剰に皮脂を分泌してしまいベタつきの原因になります。

 

軽めのトリートメントを使う

トリートメントというと補修がメインになりますので、こってりしたテクスチャーのものも多いと思います。
皮脂の分泌が多い人は、トリートメントでしっかり保湿してしまうと余計にベタついてしまう可能性があります。
さらさら系の軽めのトリートメントやコンディショナーを使う方が良いでしょう。

 

また、トリートメントは少し残した方が効果が出ると考えてすすぎを軽めにしている人もいるかと思います。
トリートメントやコンディショナーの洗い残しもベタつきの原因になります。
内部に浸透させてしまえば、外側はしっかり洗い流してしまった方が髪や頭皮にもいいのです。

 

ふんわりサラサラ髪に効果的なアイテム

ミネコラパーフェクト3

 

ミネコラパーフェクト3による3STEPヘアケアがおすすめです。

 

ミネコラパーフェクト3

ミネコラパーフェクト3

オイルクレンジング/炭酸シャンプー/白金トリートメント

皮脂汚れを落とすオイルクレンジング、汗などの水溶性の汚れを落とす炭酸シャンプー、そして高い抗酸化作用を備えた白金トリートメントの3ステップケア。
硫酸系のクレンジングシャンプーのように強い洗浄成分で洗い流すのではなく、オイルクレンジングと炭酸クレンジングで頭皮の汚れを取り除きます。


↓公式ページ↓
ミネコラパーフェクト3

 

 

リダクションフォームは、ホホバオイルを主原料としており、皮脂汚れをクレンジングしてくれます。
泡で出てくるリダクションフォームは、なんと濃密水素が発生する仕組み。

 

老化の原因となる活性酸素と結びついて水に変化し、髪を潤す効果があります。

 

炭酸シャンプーは汗などの汚れを取り除くことができます。
リダクションフォームと合わせて、油溶性、水溶性両方の汚れを取り除き、ベタつきの原因を洗い流せます。

 

白金(プラチナ)トリートメントは、皮脂の酸化を抑制する効果があり、毛穴に酸化した皮脂がこびりついて起こる頭皮トラブルを抑制することができます。

 

↓公式ページで詳細チェック↓

 

 

 

大人のヘアケアの方法一覧へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加