ノンシリコンシャンプーで髪がギシギシになるのは何故?

ノンシリコンシャンプーで髪がギシギシになるのは何故?

ノンシリコンシャンプー

 

ノンシリコンシャンプーが髪にいい、と聞いたから使ってみたけど、どうにもギシギシして使いづらい、と感じていませんか?

 

そもそもノンシリコンがどう髪にいいのか、どんなシャンプーなのかということをよく理解して使っている人は少ないのかもしれません。

 

ノンシリコンシャンプーを使うとなぜ髪がギシギシになってしまうのか、その理由やギシギシになった髪を改善する方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ノンシリコンシャンプーで髪がギシギシになる理由

髪にいいと思って使い始めたノンシリコンシャンプーで髪がギシギシに!どうしてそうなってしまったのか、それにはこのような理由がありました。

 

ノンシリコン=髪に良い?

 

まず最初に、シリコンの役割からおさらいしておきましょう。

 

ノンシリコンとはシリコンが入ってないというだけの意味ですから、それだけでイコール「髪に良い」というのは大きな誤解です。

 

シリコンはシャンプーだけでなく、リンスやトリートメント、また、化粧品、食品などヘアケア以外にも幅広く使われているもので、決して体にとって害のあるものではありません。

 

シリコンが入っていないから

 

ノンシリコンシャンプーとは、その名の通りシリコンが入っていないシャンプーのこと。
では、シリコンとはそもそもどんな働きをするものなのでしょうか。

 

シリコンとは、キューティクルをコーティングして髪にツヤを与えたり、髪を絡みにくく指通りをよくするものです。
シリコンは髪に悪い、毛穴を詰まらせるなどといわれていますが、特に根拠のないことです。

 

シリコンがシャンプーに配合されているのははあくまでも髪が絡まないようにすることが目的。
ノンシリコンはそれが入っていないので、シリコン入りシャンプーと比べたら、どうしても髪がギシギシとしてしまうのです。

 

シャンプーの素材がよくないから

 

ノンシリコンシャンプーは、シリコンは確かに入っていないけれど、洗浄力の強い石油系の合成界面活性剤が使われているものもあり、シリコンが入っていないという理由だけで髪にいいということにはなりません。

 

洗浄力の強い石油系・硫酸系のシャンプーはシリコンでごまかして指通りが良くなっていたものの、それがなくなったらギシギシするのは当たり前です。
素材がよくないシャンプーを使えばシリコンでのごまかしがきかないので、髪がギシギシしてしまうのです。

 

つまり、ノンシリコンだからギシギシするのではなく、シャンプーの素材がよくないから、というのが大きな原因です。

 

「ノンシリコン」と表示するだけで売れ行きが良くなることから、普通の安価なシャンプーと何ら変わることのない成分から作られていて、かつシリコンも入っていないものが高い値段で売られていることともあります。

 

成分表示は含有量の多いものから表示されているので、上位に「〜硫酸」「アルキル〜」という成分があったらそれは合成界面活性剤を使ったシャンプーです。
シリコンが入っていてもいなくても避けた方がいいでしょう。

 

髪が乾いてダメージを与えてしまうから

 

シリコンがないということは、髪をコーティグする材料が何も入っていないということ。
保湿する成分もなく、コーティングするものもなく、無防備になった髪は乾燥してしまいます。

 

その状態で、パーマやカラー、毎日ヘアアイロンやコテなどを使ったら、熱や摩擦によって髪はどんどん弱くなり、ダメージも大きくなるのです。

 

ですから、ノンシリコンが理由というよりも、髪が乾燥して傷んでいる事が原因でギシギシしている可能性があります。

 

ギシギシ感が逆にいい人は?

 

細い髪でボリュームアップさせたい、という人にはこのぎしぎし感、まとまりにくい感が逆にいいかもしれません。
髪をコーティングしないので、自然とボリュームアップできます。

 

ギシギシな髪を改善する方法

スポンサーリンク

 

それでは、ノンシリコンシャンプーではギシギシするのを避けられないのか、というとそんなことはありません。
シャンプーの素材をしっかり見極めることと、髪を保護するアイテムを使うことでこのギシギシ感を改善することが出来ます。

 

アミノ酸系シャンプーにする

 

洗浄力がありながらも髪に優しいアミノ酸シャンプーなら、ノンシリコンでもギシギシすることは少なくなるでしょう。

 

アミノ酸シャンプーは髪の成分と似た成分で作られているので、髪や頭皮への刺激も少なく、しっとりと洗い上げます。

 

ただし、ものによっては泡立ちがあまりよくない、洗浄力が弱いなどのデメリットもあります。
洗浄力が弱いと、頭皮の皮脂を十分に落とせないため、べたつく原因になってしまうことも。

 

洗浄力がそれなりにあり、保湿効果も高いアミノ酸系シャンプーを選びましょう。

 

参考:おすすめのアミノ酸シャンプー

 

 

髪に良い素材を使っているものを選ぶ

 

植物由来の洗浄成分を使ったオーガニックシャンプーなど、ノンシリコンでも髪を優しく洗うシャンプーがあります。
髪を守りながら頭皮もしっかり洗ってくれるので、髪がギシギシいうこともないでしょう。

 

保湿成分が入っているものを選ぶ

 

髪がこすれ合うことでギシギシするので、こすれないような保湿成分が入っていればいいわけです。

 

ホホバオイルやアルガンオイルなどの天然オイル、アロエベラやカミツレなどの植物から採れる天然保湿成分、その他アミノ酸やミネラルなど髪に良い成分がどのくらい入っているのか、それも選ぶポイントになりますね。

 

ノンシリコンのトリートメントなどを使う

 

ノンシリコンシャンプーにしても、すべての人が髪がきしむわけではありません。
キューティクルがはがれて髪が傷んでいる人ほどギシギシ感があります。

 

それまでシリコンでコーティングされていて気づかなかったのですが、それがはがれたことで傷みが目立つようになるんですね。

 

シリコンシャンプーは使い続けると髪自身も健康になっていきますし、状態は良くなっていくのですが、それまでずっときしんだままでは逆に髪のコンディションが悪化してしまう可能性もあります。

 

そんなときは、ノンシリコンのトリートメントやヘアオイルなどを使って髪を熱や乾燥から守りましょう。

 

できればオーガニックオイルを使う方が安心です。
おすすめは次の3つのオイルです。

 

 

スタイリングをするときは、髪を熱から守るためのスタイリング剤を必ず使いましょう。

 

髪や頭皮を傷める添加物が入っていないこと

 

せっかく洗浄成分にこだわっても、余計な添加物がたっぷりではyはり頭皮や髪を傷めて、髪がきしむ原因になる可能性があります。

 

  • 香料
  • 着色料
  • 防腐剤

 

などが入っていない無添加のノンシリコンシャンプーがおすすめです。

 

ハーブガーデン

100%天然由来のオーガニックシャンプー

Herb Garden(ハーブガーデン)

オーガニックで100%天然成分のアミノ酸シャンプー。
今注目の成分「フルボ酸」をはじめ、洗浄・保湿・スカルプケア・補修に特化した天然成分を豊富に高配合。補修成分もたっぷり含まれています。

 


 

 

なぜノンシリコンを選ぶのか、その理由が大事

シリコンそのものが髪に悪いわけではないので、単にシリコン=髪にいいというだけの理由でシャンプーを選ぶと逆効果になりうることもおわかりいただけたと思います。

 

ノンシリコンだからいい、悪いではなくて、なぜノンシリコンがいいのか、どんな成分が入っているのか、自分の髪質とシャンプーの素材があっているのかなど、総合的に考えて選ぶ必要があるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク