薄毛にならないためにシャンプーの回数やり方を見直そう

薄毛にならないためにシャンプーの回数やり方を見直そう

薄毛対策

 

女性の薄毛の原因の一つにシャンプーのやり方やシャンプーの選び方に問題がある場合があります。
頭皮にやさしいシャンプーを使って、正しいやり方でシャンプーをすることで薄毛の予防、防止をしましょう。

 

薄毛にならないシャンプーの選び方

はじめに、どんなシャンプーが頭皮に良くないか確認しましょう。
洗浄力が強すぎるシャンプーが頭皮に良くないとされています。

 

  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸Na

 

といった洗浄成分が使われているものはかなり刺激が強い洗浄成分です。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーは、頭皮を必要以上に乾燥させるため、逆に頭皮が皮脂をたくさん分泌するようになってしまいます。
皮脂の分泌が多くなると、皮脂が毛穴に詰まってしまい、髪の毛の成長をさまたげて細い髪しか生えなくなり、抜けやすくなったりもします。

 

こういった洗浄成分は安く手に入るため、市販の安価なシャンプーで多く使われています。

 

頭皮に優しいシャンプーはどんなシャンプー?

低刺激で髪の成長を助けるアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。
適度な洗浄力で皮脂を落としすぎることがなく、頭皮の乾燥を防ぎます。

 

マイナチュレシャンプー

無添加・頭皮ケア

マイナチュレシャンプー

無添加、天然成分、ノンシリコンにこだわった、頭皮に優しいシャンプーです。
アミノ酸系弱酸性の洗浄成分で、市販の多くのシャンプーのように頭皮を乾燥させることがありません。
保湿成分も豊富に配合されています。

 

公式ページを見る

マイナチュレ・シャンプー


 

頭皮がベタついてきたなと思ったら炭酸シャンプーなどで頭皮クレンジングを行いましょう。
皮脂が残り続けると酸化して取れにくくなってしまいますので、早めに対策を行いましょう。

 

ルメント炭酸オイルクレンジングシャンプー

ルメント

炭酸オイルクレンジングシャンプー

一般的なクレンジングシャンプーと異なり、炭酸とオイルで酸化した皮脂を洗い流すクレンジングシャンプーです。
頭皮を乾燥させるような洗浄成分を使っておらず、頭皮も髪も守ってくれます。
自宅でできる贅沢な炭酸ヘッドスパです。

 


 

 

正しいシャンプーのやり方

シャンプーの頻度

シャンプーは一日一回です。
朝晩にシャンプーをするなど、多すぎると頭皮の乾燥をまねきますし、二日に一回だと溜まった皮脂が酸化して毛穴にこびりついて取れにくくなってしまいます。
その日の汚れはその日の内に落とすのが基本です。

 

予洗いをしっかり

頭皮に優しいシャンプーを使うと、適度な洗浄力なので市販のシャンプーに比べ泡立ちにくい傾向にあります。
そのため、シャンプー前の予洗いが大切です。

 

ぬるめのお湯で髪全体をしっかり濡らして髪の汚れを洗い流しましょう。
予洗いをしっかりすれば、髪についた汚れはほとんど取り除けます。

 

シャンプーは頭皮を洗う

正しいシャンプーのやり方は、髪ではなく頭皮を洗います。
予洗いで髪の汚れを十分落としたら、シャンプーの泡立ちが良くなりますのでしっかり泡立てて、頭皮をマッサージするように洗っていきます。
毛穴の汚れを取るとともに、マッサージ効果で血行を良くして頭皮と髪に栄養が届きやすくなります。

 

すすぎをしっかり!

すすぎが一番重要です。
シャンプーしている時間と同じかそれ以上時間をかけるようにしましょう。
シャンプーの洗浄成分が残ると頭皮へのダメージの原因になります。
いくら優しいシャンプーを使っても、頭皮に残り続けるのは良くないのです。

 

関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加

あっ、するんっと、 まとまった!



スポンサーリンク